オンライン英会話 ビッグ・イージー BIG★EASY

利用規約

株式会社アライアンス(以下「甲」という。)は、甲が運営するオンライン英会話教室「BIG EASY(ビック・イージー)」上で提供する全てのサービスについて、サービス申込み希望者および利用者(以下「乙」という。)が利用することに関し、以下の利用規約を定め、乙はサービスの利用をもって利用規約を了承したものとみなす。

第1条(利用規約の範囲)

利用規約の範囲は当ウェブページに規定するものに加え、甲が乙に対して電子メール等で発信する情報も含む。

第2条(サービスへの登録)

乙は甲が定める手続きに従って、サービスの登録をする。乙はサービスの登録にあたって、下記の事項を確認し、了承したものとする。
  • 利用規約を熟読し、その内容を承諾した上で、サービスに登録すること。
  • スカイプをインストールすること。
  • 氏名、電子メールアドレス、パスワードその他の項目について正確な情報を登録すること。また登録時に設定したこれらの情報を乙の責任で厳重に保管すること。
  • 通信環境が当サービスの利用に支障がないことを確認すること。
  • 乙が未成年の場合は親権者等法定代理人の同意を得ること。
  • 甲が定める決済方法により利用料金を支払うこと。

第3条(禁止行為)

乙がサービスの利用に際して以下に定める各号の行為を行った場合、甲は乙の登録を取消すことができる。また、その場合、乙は、乙の行為によって甲が被った損害を賠償する責を負う。
  • 乙が、第三者に対し、サービスを利用する権利を、譲渡又は売買し、若しくは使用させること。
  • 甲の名誉又は信用を侵害すること。
  • 違法行為又は公序良俗に反する行為。
  • 甲に無断で甲のサービスの一部または全部を引用すること。
  • 犯罪行為及び犯罪準備行為。
  • 講師への嫌がらせ及び不良行為等、サービスの進行を妨げるハラスメント行為。
  • 講師の雇用条件、コールセンターの場所及びインターネット回線等甲が開示していない機密情報を詮索する行為。
  • 乙又は乙の代理人が講師と本サービス外で接触しようとする行為。
  • ひとつのアカウントを複数のユーザーで利用する行為。(同居の親族及び別居の未婚の子がご利用される場合を除く)
  • その他、甲が不適当と判断する行為。

第4条(登録の不承認・取消し)

甲は、下記に定める事由に該当する場合、乙の登録を承認せず、又は登録を取消すことができる。この場合、乙が支払いを済ませた金額については、甲に生じた損害と相殺する。
  • 乙が実在しない場合。
  • 乙が申し込みの際、虚偽の事実を記入し、又は、誤記若しくは記入漏れをした場合。
  • 乙が既にサービスに登録していた場合。
  • 乙が過去に甲により登録を取り消されていた場合。
  • 乙に代金の支払い能力がない場合。
  • その他の事由で甲が乙による本サービスの利用を不適切と判断した場合。

第5条(利用規約の変更)

  • 甲は乙の了承を得ることなく利用規約を変更することができる。変更後の利用規約はウェブ上に表示した時点で効力を生じ、乙は変更後の利用規約に従うものとする。
  • 甲は、利用規約を変更した場合は、乙に対し、本サービスのウェブ上で通知する。

第6条(登録情報の変更)

乙は、甲に届けた登録情報の内容に変更があった場合、遅滞なく登録情報の変更手続きをしなければならない。甲は、乙が登録情報の変更を怠ったことにより生じた乙の不利益及びその他の負担に関し、責任を負わない。

第7条(登録情報の取扱い)

  • 甲は乙の登録情報を甲が別途規定するプライバシーポリシーに則って管理する。ただし、以下に定める場合につき、乙の登録情報を第三者に提供・開示する場合がある。
    • 乙の同意が得られた場合
    • 法令などにより公的機関により甲が開示を求められた場合
  • 乙は登録した情報を厳重に管理・保管しなければならない。乙による登録情報の失念、消失及び登録情報の管理の不徹底による損害の責任は、乙が負うものとし、甲は一切の責任を負わない。また乙は自己の登録情報が他者によって不正利用されていることを知った場合、ただちに甲にその旨を連絡し、甲の指示に従う。

第8条(退会)

乙は、コース解約をして、いつでも退会することができる。

第9条(利用方法)

乙は、次の各サービス規定にあらかじめ同意する。


  • 乙は、甲が定める利用料金につき、30日間分の利用料金をクレジットカードにより支払う方法で、サービスを利用する。


  • 乙が前号による支払いを行った後、前条に定める退会手続きを行わない場合は、乙にサービスの利用を継続する意思があるものとみなし、支払い日から30日後の有効期間満了日に同じ条件のサービス内容にて継続的にユーザー登録が更新される。


  • 甲は、乙への一貫性あるサービスを提供するため、個人情報を含む、レッスンで得られた情報を記録する。
  • 甲は、円滑なサービス提供のため、提供するサービスの監視を行うことがある。

第10条(サービスの提供期間)

  • 乙は、利用規約に基づき、乙のサービスの登録を甲が承諾した日よりサービスを利用することができる。
  • 乙は、利用規約第4条または第8条の定めにより、サービスの利用が停止される。第4条の事由によるサービス停止の場合は、甲が乙にサービスの停止を通知した時点でサービスが停止し、第8条の事由によるサービスの停止の場合は、乙がウェブサイト上で退会処理をした日をサービスの停止日とする。

第11条(サービスの中断・終了)

甲はサービスの中断もしくは終了を事前もしくは事後にウェブサイトもしくは電子メールによる通知をもって行う。スカイプの障害、国内外の政治情勢・自然災害等、甲の責任によらない事由で当サービスの提供が困難な場合は、甲はサービスを中断できる。

第12条(情報配信)

甲は乙に対して電子メールによる通知、広告、アンケート等を実施できる。

第13条(スカイプの利用)

甲はスカイプを用いてサービスの提供を行う。スカイプの利用に際し、乙は各号の内容について同意したものとする。
  • 乙は通話ソフトウェアの機能及びその利用規約についてスカイプの規定に従う。
  • 乙は、乙の責任において、サービスの利用前までに通話ソフトウェアをダウンロードし、その機能を確認する。
  • 乙の通話ソフトウェア、当該利用に必要なハードウェアの故障及び設定不備により、サービスが利用できない場合、甲は一切その責任を負わない。
  • 甲はスカイプの事情により生じたトラブルについて、一切責任を負わない。またスカイプが提供するサービスに関する問い合わせについては受け付けない。

第14条(賠償責任の制限)

乙は各号に定める事項に起因又は関連して生じた一切の損害について、甲が賠償責任を負わないことに同意する。
  • 乙が、甲の故意過失によらず、本サービスの利用ができなかったこと。
  • 乙の送信、データへの不正アクセス、又は不正な改変がなされたこと。
  • サービス中に第三者によって、サービスが妨害される場合があること。
  • サービスの学習効果。
  • サービス提供中に行われた会話の内容が真実でないことがあること。
  • 当サービスの利用に際して、乙が満足な利用が出来なかった場合に、以下の状況に該当する場合。
    • 急激な生徒数の増加、または、フィリピン共和国での通信障害発生などによって、提供レッスン数が一時的に不足している状況
    • 希望する時間帯のレッスンが予約できない状況
    • 特定の講師のレッスンが予約できない状況
    • フィリピン共和国での停電・通信障害発生によりレッスンを中止せざるを得ない状況

第15条(著作権及び所有権)

サービスに関する商標、ロゴマーク等についての著作権、所有権は全て甲に帰属する。乙が甲に無断で、その一部又は全部を使用又は公開することはできない。

第16条(準拠法)

本規約の準拠法は日本法とする。

付則 2014年12月25日改訂。

このページのトップへ