オンライン英会話 ビッグ・イージー BIG★EASY

ブログ

英語ができる子どもに育てる近道

2019年6月2日

国際化が激化する今「英語は出来て当たり前」と叫ばれて不安になる親は少なくないようです。「子供に英語を身につけさせたい」という親の願いはごく普通で「いえ、うちはできなくて結構です」という親に会うことの方が珍しい。

やる気十分、の日本の英語教育なのに、何か違う、という感覚を持つのも私だけではないと思う。私が学生の頃の英語の授業は文法中心で、テストでも「和訳しなさい」とか「英訳しなさい」と頭でっかちで、会話の授業はあってないようなものだった。

結局街で困っている外国人を見かけても「英語ができないから」という理由で話しかけもしない。そんな状況が本当の英語教育のはずはない!そう強く思って今監修している動画コースをつくっている。何よりアウトプットを楽しんで、スポーツや楽器を覚えるように体で、しかも楽しんで英語を身につけてもらいたい、と私たちは心から願っている。

さて、本題の「英語ができる近道」は存在すると思う。そして遠回りも然り。例えば難しい単語のスペルばかり一生懸命覚えても1つも単語を発音出来ないのはどう考えても遠回り。そんな楽しくない遠回りを可能な限りなくして、こんなに楽しいのにどんどん出来る!という快感を一人でも多くの人に味わって欲しい。それがこれからの日本を変えていく力になる、と大げさながら本気で思っている。

近道はズバリ

実践

なんだ、そんな事か。と思われると思うが、あなたが自転車に乗れるようになったことを思い出して欲しい。又は自動車の運転や、料理など、今は他のことを考えながら半自動運転みたいにこなせることも、初めての頃はドキドキしながら失敗に失敗を重ねてきたはずだ。

英語もまさに同じで、いくら英語が上手な友達を作っても、英語上達に関する本を読んでも、はたまた英語の教科書を暗記するほど読んでも「出来る」ようにはならない。

自転車の練習はこけて痛かったかもしれない。自動車の運転は命がけで怖かったかもしれない(私はマニュアル車の練習で完全にパニックになった。笑)料理もいくつもの失敗作品を作ってきたと思う。でもその過程は悲惨ではなかったはず。ちょっとでも上達できると嬉しかったはずだし、ちゃんと自転車に乗れるようになって、友達の家まで遊びに行けるようになった喜びは相当のものだったはず。

英語も全く同じ。失敗を数えられないほど重ねながら、少しづず上達する自分をエンジョイして欲しい!今はネットで世界中と繋がれる時代、スマホ1つで手軽に英会話の実践ができるとっても楽しい時代だ!大人も子供も、尻込みせず「今日はどんな失敗するだろう?」くらいのワクワクで人生実践を楽しんで欲しいと思う。

【無料体験で早速トライ!】https://big-easy.jp/login/new

オススメ

  • Lili 先生
    講師歴3年以上

    Lili 先生

    明るく、おしゃべり大好きです。すごくお話がしやすい方です。

  • Jim 先生
    フレンドリー

    Jim 先生

    コメディ映画が好き、とても面白い性格です。

  • Annie 先生
    フレンドリー

    Annie 先生

    特に子ども向け英会話レッスンをおすすめします。

  • Kat 先生
    講師歴3年以上

    Kat 先生

    情熱を持って、子どもたちに英語を教えています。

  • Janine 先生
    フレンドリー

    Janine 先生

    She loves Photography, she's fond of taking pictures of nature and fashionable clothes.

このページのトップへ